認定

認定ポリシーとよくある質問

Google for Education の認定に関してよく寄せられる質問とその回答をご紹介します。

よく寄せられるご質問

認定試験サポートチームに問い合わせるにはどうすればよいですか?

Google 認定教育者 - レベル 1 および 2

Google for Education 認定トレーナー

Google for Education 認定イノベーター

Google for Education G-Suite Certification

ABOUT THE EXAM

PRIVACY AND SECURITY

DURING THE EXAM

PAYMENT

試験のプライバシーとポリシー

以下は登録プロセスの中で受験者に提示される、試験におけるプライバシーとポリシー契約です。

本契約の条項は、Google 独自の裁量で随時変更される場合があります。お客様には本契約の最新版に準拠していただく必要があるため、これらの条項は注意してご確認ください。

プライバシー. 試験の一環として、Google は写真、デジタル キーストロークのパターン、個人の身元を特定する情報(氏名、住所、勤務先、肩書きなど)を含むお客様の個人情報を取得します。さらに、Google または Google の代理店は、オンラインによる試験監督の一環として試験中のお客様をインターネットでリアルタイムに監視し、例えば携帯電話の使用中止の指示を出すなど、お客様への伝達を行う場合があります。試験に関連して収集されたすべての情報を総称して「試験情報」と呼びます。Google のプライバシー ポリシーでは、お客様が Google のサービスを使用する際に、試験情報を含む個人情報を Google がどのように扱うかを説明しています。さらに、試験に固有のプライバシーの扱いについて、次に説明します。

お客様が Google に提出するすべての試験情報は、Google または Google が認定する米国内ならびにお客様が試験を受ける司法管轄区内の代理店が収集します。試験情報は、試験の目的のために他の司法管轄区にある Google の関連会社、子会社、または合弁会社と共有されることがあります。本ポリシーは米国の法律に準拠します。

欧州連合(EU)にお住まいの場合、試験の情報を送信することにより、欧州連合または欧州経済領域(EEA)以外のプライバシー基準の異なる国へ情報が転送されることに同意しているものとみなされます。EEA 内の事業体によって収集され米国の Google へ転送された試験情報について、Google はアメリカ合衆国のセーフハーバー プライバシー原則を遵守します。セーフハーバーの枠組みや Google の登録の詳細については、米国商務省のウェブサイトをご覧ください。http://www.export.gov/safeharbor.

試験情報はどのように使用されるのですか?

お客様が提出した試験情報は以下の目的で使用されます。

  • 受験者を登録する
  • 合格者に印刷可能な証明書を授与する
  • パートナーが採用した認定スペシャリストの人数を確認する
  • 個人の認定の更新状況やその他の認定の取得状況を確認する
  • 試験時のセキュリティを確保する

試験情報の提出

試験情報の提出は任意です。ただし、試験情報を提出しない場合、試験を受けることができません。

データには誰がアクセスできますか?

Google の社員、関連会社、あるいは上記の目的で Google の代理として試験情報を処理する事業体です。Google では、試験情報を保護するために適切な技術的、組織的、法的手順を講じています。関連会社または Google の代理としてお客様の試験情報を共有する事業体は、守秘義務の条項に従います。

Google ではデータを保管しますか?

試験情報は、居住地の法律に従って保管されます。また、Google は以下の目的のために試験情報を保持することがあります。

  • 受験と合否に関する異議を解決する
  • 受験者数や合格率などに関して、人口統計分析や同等の個人を特定できない分析を行う
  • 学校や地域で採用された認定教育者数を確認する
  • 認定を受けた個人の認定の更新状況やその他の認定について確認する

お問い合わせ

Google のプライバシー保護への取り組みについては、ウェブサイトからお問い合わせいただくか、下記の住所まで書面でお問い合わせください。

Privacy Matters
c/o Google Inc.
1600 Amphitheatre Parkway
Mountain View, California, 94043
USA

試験の例外. お客様の試験結果に不自然な点があった場合、(1)試験は不合格とみなされ、(2)本試験またはその他の G Suite 認定試験の再受験が永久的に不可能となり、(3)Google の独自の裁量ですべての取引関係を終了させていただくことがあります。

不合格と再受験. 不合格となった試験を再受験する場合は、14 日以上期間をあける必要があります。2 回目に不合格となり再受験する場合は 60 日以上、3 回目に不合格となり再受験する場合は 1 年以上期間をあけてください。

試験における不正行為. 完了したすべての試験において、不正行為、カンニング、本人確認の詐称がないことの確認を行っています。Google for Education チームは、上記の再受験ルールを含めた試験ポリシーに違反するユーザーについて、すべての認定やバッジを停止する権利を有します。

カンニングは、熱心に勉強し規則に従って行動する受験者に対して不公正な行為です。このような行為を見聞きした場合は、GFE 試験違反チームまでメール(メールアドレスを挿入)でご連絡ください。 gfe-certification-violation@google.com.

認定の有効性の維持. 36 か月ごとに再受験する必要があります。試験は 36 か月ごとの更新日の 30 日前から 60 日後までの間に再受験することができます。

認定ロゴの使用. Google 認定を受けるのは試験に合格した個人のみで、認定ロゴは、試験に合格した人が個人で使用する場合に限り認められます。学校や会社が認定団体を自称すること、および認定ロゴを証明として使用することはできません。Google の認定ロゴの使用については、Google の最新のブランド利用ガイドラインに準拠してください。ガイドラインは、次の URL に記載されています。 http://www.google.com/permissions/guidelines.html.

ポリシー. Google のポリシーは、teachercenter.withgoogle.com または Google より提供されるその他の URL に記載されています。これらのポリシーは随時変更可能で、参照により本契約に組み込まれることとなります。最新のプログラム ポリシーについては、teachercenter.withgoogle.com/certification をご覧ください。ポリシー違反が疑われる場合、Google は独自の裁量で G Suite の認定を取り消し、G Suite 試験の再受験を永久的に禁止することがあります。

試験における秘密保持契約(NDA)

以下は認定試験の中で受験者に提示される秘密保持契約です。

契約:

受験者(以下「お客様」)と Google Inc.(以下「Google」)の間の Google 認定に関する秘密保持契約(以下「本契約」)は、お客様が下の [同意する] をクリックすることにより締結され、その日(以下「発効日」)から有効となります。

  1. 機密情報. この試験の内容は Google の機密情報(以下「機密情報」)とします。これには問題、解答、口頭によるコミュニケーションなどすべてのコミュニケーションを含みますが、これらに限定されるものではありません。機密情報の開示は本契約に違反するものであり、授業で Google for Education のツールを使用する基礎的および高度なスキルを備えた教育者を認定するプログラムの完全性および安全性を損なうこととなります。Google は、試験対象となる分野におけるお客様の能力を認定することのみを目的として試験を実施します。いかなる目的においても、お客様が機密情報の全部または一部を口頭、書面、電子的または機械的手段を含むあらゆる方法によって開示、出版、再現、複製、販売、投稿、ダウンロード、転送することは明確に禁じられています。
  2. 認定の取り消し. 本契約に対する違反または不正行為に関与した場合、受験者は本試験やその他の G Suite 試験の再受験を禁じられ、Google 認定プログラムの認定を取り消されます。また Google は、その独自の裁量においてお客様との取引関係を終了することがあります。
  3. 試験での不正行為または不正使用の例には次のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません。
    • 他人になりすましての受験
    • 不適切な支援の提供または受け入れ
    • 方法のいかんを問わず実際の試験の内容を漏えいすること。ウェブへの投稿、公式か非公式かを問わず試験準備やディスカッション グループを通して公開すること、記憶をもとに再現することなどを含みますが、これに限定されるものではありません。
    • 認められていないアイテムの試験への持ち込み
    • 試験準備における許可されていない資料の使用(記憶をもとに作成された資料、解答の有無を問わず許可なく出版された試験問題など)
    • 種類を問わず、試験中にメモを取ること
    • 形式を問わず、試験のコンテンツの削除または削除の試み
    • 種類を問わず、試験中の意図的な妨害
    • 本試験またはその他の試験記録の結果やスコアレポートの修正や変更